近年、沖縄ルーツで「シリーズB」レベルの資金調達に成功しているスタートアップが登場してきました。 また、沖縄スタートアップシーンにおいては、「行政の支援施策の拡充」、「金融機関によるアクセラレーションプログラム」、「民間ベースによる起業家育成イベントの支援」など、成長エコシステムが形成されてきています。 この動きをさらに広げていく上で、スタートアップ成長ステージにおける最初の資金調達先となるエンジェル投資家と沖縄の現状を共有しつつ、さらなるスタートアップを生み出すための仕組みづくりについて専門家によるセッションを実施します。

トークテーマ

※変更の場合がありますので、ご了承ください。

  • 1.沖縄のスタートアップエコシステムの現状について
  • 2.日本国内のスタートアップの投資状況
  • 3.エンジェル投資家の目線
  • 4.投資失敗事例(成功事例)
  • 5.資本政策の重要性
  • 6.スタートアップという観点での沖縄の可能性

登壇者

 

砂川 大

株式会社スマートラウンド 代表取締役

連続起業家・エンジェル投資家。 経歴:スマートラウンド←Google←ロケーションバリュー←Globespan←HBS←三菱商事←慶應。 投資実績:マネーフォワード、ダブルエル、Orowealth、Strand Therapeutics、Autify、Hubble、yupなど。ラーメンと鮭が好物。趣味は世界の長水路(50mプール)巡り。
 

田中 邦裕

さくらインターネット株式会社CEO

1996年さくらインターネットを18歳で学生起業、2005年に東証マザーズ上場、2015年に東証一部上場。自らの起業経験や、エンジニアというバックグラウンドを生かし、スタートアップ企業のメンターや、IPA未踏のPMとして学生エンジニアの指導にあたる。また自らも一ヶ月の休暇を取ったり、11月より那覇に居を構えてリモートワークをしたり、社外取締役などのパラレルキャリアを進めたり、新しい働き方を模索中。
 

小原 聖誉

株式会社StartPoint代表取締役

2013年AppBroadCastを創業。創業5ヶ月でKDDIと業務提携。400万人にサービスが利用され3年でKDDIグループへバイアウト。現在23社に投資・支援を行い、うち1社が東証マザーズ上場。書籍『凡人起業』を上梓。起業家コミュニティの運営を通じて創業前・エンジェル期の起業家にスタートアップ情報を提供している。 Twitter @masashige_obara
 

小川 真司

琉球銀行 法人事業部地方創生グループ調査役

琉球銀行にて、ベンチャーファンドの運用およびスタートアップ支援等を担当。沖縄から競争力のあるスタータアップ創出を支援する「Okinawa Startup Program」を2016年より運営すると共に、県内大手企業の新規事業開発も支援している。
 

兼村 光

一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO) / ストラテジスト

'91年 株式会社オーシーシー入社。 '11年 沖縄県内IT企業のOSSベース製品創出支援を目的に設立された「琉球ソフトビジネス支援センター」センター長。'17年 沖縄県IT産業戦略戦センター設立準備プロジェクトに参画。'18年第1回スタートアップウィークエンド沖縄の優勝チームオーナー(第2回~7回オーガナイザー)。次世代アントレプレナー人材育成推進事業外部講師。コザ信創業スクール講師。一般社団法人沖縄STEM教育センター理事。ITコーディネータ沖縄理事。モットーは“Work Life integration!”
 

嶋根 秀幸(モデレーター)

ファウストビート株式会社 代表取締役

日本ブレーンセンター(現エン・ジャパン)に新卒で入社。その後、新規事業の立ち上げを経験後に、スタートアップ支援プログラムを立ち上げ、50社への投資を行う。Misleote社ではスタートアップ支援や関連イベント及び育成プログラムの設計を担当。2013年に現会社を設立し、スタートアップ企業や新規事業開発のアドバイザーも務める。