東京大学、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、琉球大学の各アカデミア機関で、スタートアップやイノベーション創出する取り組みを担っている方々のトークセッションを実施します。各大学で取り組んでいる科学的アプローチによる起業家育成や、イノベーションが起こる環境の創生などを通して、 今後の想定される未来を踏まえた沖縄の可能性について語っていただきます。

登壇者

 

馬田 隆明 Umada Takaaki

東京大学 産学協創推進本部
本郷テックガレージFoundX ディレクター

University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトでの Visual Studio のプロダクトマネージャーを経て、テクニカルエバンジェリストとしてスタートアップ支援を行う。2016 年 6 月より現職。 スタートアップ向けのスライド、ブログなどの情報提供を行う。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』。
 

ローレン・ハー Lauren Ha

沖縄科学技術大学院大学(OIST)技術開発イノベーションセンター 准副学長

沖縄科学技術大学院大学(OIST)技術開発イノベーションセンター(TDIC)の運営に関する戦略立案、研究成果の商業化と起業家育成プログラム等を担当、沖縄の自律的発展への貢献を目標とし、OIST研究者、国内外の産業界エキスパート、ベンチャーキャピタル、およびスタートアップ企業と緊密に連携する。OIST入職以前はカリフォルニア州バークレーMolecular Sciences InstituteにてVice President of Administrationを務めた。サウスカロライナ州立大学卒(生物科学専攻)、ベトナム出身。
 

大角玉樹 Osumi Tamaki

琉球大学国際地域創造学部 教授

1998年4月琉球大学着任後、長年に渡り産学官連携及び異分野との共同研究に携わる一方で、社会起業やイノベーションの調査研究を行い、先進的な海外大学とのネットワークを形成。2013年度より産学官連携推進機構、民間コンサルタントと連携し、「ベンチャー起業講座」を開設。イノベーション・アイランドの実現とSDGs達成に向けて、オープン・イノベーション・ハブ、”ONE OKINAWA”(仮称)の設立準備中。
 

和波俊久 モデレーター

リーンスタートアップジャパン 代表社員

「ベンチャー・スタートアップ・起業」のメカニズムを解明するリーンスタートアップジャパンを2010年よりスタート。自身2度の起業経験を通じた起業プロセスを追求している。徹底的な現場主義で新規事業開発プロセスが抱えている問題点を解き明かしてきた。「起業が当たり前の社会の創造」を経営ビジョンとして掲げる。 著書『ビジネスモデル症候群~なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?』(技術評論社)